2日であっさりと英語の壁を越えたのが不思議な感じ

こんにちは。 竹末です

今日はWSJが2日で読める特訓の1日目。
10:00から満席の受講者と膨大な量の英文と
格闘します。

WSJが読めた!
TOEIC 70-150点アップ!
の声が受講者から続出するでしょう♪

頑張ります。。

■前回の大阪特訓を受講した方から、
また喜びの声が届きました。

この女性は金融機関にお勤めの
30代の方で、

特訓の翌日に、
英文で稟議書を書くことなり、

その膨大な量と内容に
最初は恐れおののいていました。

ところが、、、あっさりと書けてしまった。。

とにかく、
彼女のメールをご紹介させてください。

ここから↓

『竹末様

先週の大阪で研修を受けさせていただいた水迫です。
2日間ありがとうございました。

研修翌日の月曜日に、
早速、予想していなかった形で、
学んだ成果を実感できました。

英語で社内稟議を、急に、かつ、
急ぎで書かなければいけなくなったのですが、

内容的には複数の会社が絡む契約案件で、
背景、リスク、回避策云々と

簡潔にしても伝えなければいけないことが
それなりの量があり、

一方で、
自分の通常業務の内容ではなかったので、
書く前は正直うんざりしていた

のですが、書き始めると、

「ここはカンマで同格、
ここはカンマで分詞構文でつないで、、、」
という感じで、

自分でも驚くくらいスムーズに筆が進み、
サクサクと英文が出てきました。

もちろん、適時、表現や動詞の使い方の確認で
辞書やWeb検索は使いましたが、

時間は予想していたよりも
遥かに短い時間で終えました。

急いでいた為、後で見直すと
まだ修正すべき部分もありましたが、
その数も少なく、

何より、海外拠点の法務部門チェック
(もちろん日本人ではない)から
すぐにOKの言葉があり、

意図は通じたようで、
ホッとすると同時に嬉しかったです。

今回、1日目の宿題で3時間分の英文を読んだのは
本当に楽しかったのですが、

どんどん読めていく感じが嬉しかった
というのが大きかったと思います。

同時に集中して勉強する機会を作ることも
大切だなと改めて思いました。

また、機会があればどうぞよろしくお願い致します。

水迫映子*』

ここまで↑

■このように、WSJの勉強を通じて
英語の基本ロジックが分かれば、

リーディングのみならず、
英文メールやビジネス文書が
素早く正確に書けるようになります。

英語はシンプルなロジックの
言葉なのです。

さぁ今日の12人の受講生も
大きな成果をあげて頂けるように、
全力を尽くします。。

■受講生はもうすぐ900人を超えます!

年齢層は幅広く、
16歳の女子から最高84歳のおじいさんまで。
みんな夢を叶えています。

あなたも仲間に入りませんか?
⇒http://torael.com/master/index3

TORAEL竹末研一
@東京人形町スタバ


下着で1兆円:秘密のヴィクトリア・シークレット

こんにちは。 竹末です

今年サンフランシスコに行ったときも
やはりそのお店はありました。

今、アメリカのショッピングモールには
必ずと言って良いほど、

女性用下着ショップ、
ヴィクトリア・シークレットがあります。

WSJがニュース・ビデオを流していたので、
思わず見てしまったのですが、

この会社、売上はワコールの約5倍。
5年間増収増益、

76.7億ドルの収入 だそうです。
7.67billion in revenue

つまり、
下着だけで1兆円近く
売り上げています。

その巨大企業が

目まぐるしく変わる流行に
クイックに対応している様子が
ダイナミック。

ビデオに登場する美人下着モデルも
凄かったですが、

マーケティング戦略も
興味深いニュースビデオでした。

ではアパレル大企業の方向転換
の記事をどうぞ

■Victoria’s Secret Bets on Less Padding
ヴィクトリア・シークレット、パッド無しに賭ける
WSJ June 29, 2016

今のアメリカの流行は、
パッド・アンダーワイヤー無しの
スポーツブラだそうで、

ヴィクトリア・シークレットも
素早く追従しています。

■ポイント
ニュース・ビデオは短時間に
沢山の情報が得られて便利です。

しかし、当たり前なのですが、

音声と同じスピードで
素早く記事を読めなければ、
さっぱり聞き取れません。

聞き取りのカギは、
高速で英文記事が読めることですね。

■ニュース・ビデオを見ているときに
今、後ろをスタバの女性店員さんが
通りかかりました。

ドキッとしてMacのフタを
閉めたくなったのは何故??

今日も素敵な1日をお過ごしくださいませ♪

TORAEL竹末研一
@東京・麹町スタバ


70代女性も英字新聞WSJが読めた!

こんにちは、竹末です

■先週末の大阪特訓の参加者から
感想メールが届きました。

この方、
70代後半の女性。

1日目が終わったときは
疲労困憊して、

「2日目は当てずに見学だけに
させてください!」

と懇願され、大丈夫かな、
と心配したのです、、、

彼女のメールからご紹介すると、

『特訓の1日目の宿題をお聞きした時、
文盲がいきなり莫大な文章を訳すように
言われたようで、

頭が壊れる、結局皆に迷惑がかかる、
それだけはなんとか避けなければという
悲鳴をあげていました。』

ところが、2日目の朝、
WSJの英文問題をバッチリ解き、

授業中の質問には的確に返答して、
周りの若い受講者を『唖然』とさせ続けました。

完璧にロジックを理解されて特訓を完了。

■受講後に頂いたメールでは、、

『今はわからないものが何だったのかが分かり、
それが一つずつ理解できるようになるという、
楽しさを感じています。』

シンガポールに住む息子さんに知らせたら、
『アクティブな行動をとっているようで何よりです。』
と返事がきたとか。。

さらに、メールが続きます。

『一大決心をして参加し
本当に良かったと感謝しております。』

『いつか新聞を読めるようになりたい、
と私は知らず知らずのうちに
アンテナを張っていたのでしょう。』

『それが2日間で、
わかりやすい読解MAPまでたどり着き、

役立つ英単語を唱えている、

これは客観的にみても
すごいことかもしれません。

どうもありがとうございました。』

下関市 70代匿名希望女性様 より

このようなメールを頂くと、

嬉しい!
講師をやっていて良かった!!!

と思いますね。。


悲報:俳優 C・シーンもトランプ氏を小馬鹿に…

こんにちは、竹末です

米共和党の事実上の大統領候補
ドナルド・トランプ氏の支持率急落の背景は?

と思いますが、

欧米マスコミを読むと、彼の過去の暴露大会
が始まっていますね。

読めば読むほどガッカリします。。

■英国エコノミスト誌が報道する彼の悪い噂。

トランプ氏はホテル建設費を、
裁判するまで支払わなかったそうです。

そのせいで、
下請け会社が潰れそうになりました。
The Economist May 11th 2016

Scourge, rather than saviour
救世主というより災難

What small-business owners should know about Donald Trump
スモールビジネス・オーナーがドナルド・トランプ氏について知っておくべきこと

■英国の高級新聞、インディペンデント紙も面白おかしい記事

こちらの記事は、、

HIV陽性を告白して大騒ぎとなった
米俳優チャーリー・シーン氏が
トランプ氏を馬鹿にする様子です。

The Independent, June 19th 2016

チャーリー・シーン氏がトランプ氏から
結婚祝いをもらったけど、偽物だった。。。

Charlie Sheen has recalled the time
Donald Trump apparently gave him fake
diamond and platinum cufflinks as a wedding present.

チャーリー・シーンは、ドナルド・トランプが、
明らかに偽のダイヤモンド・プラチナ製カフスボタンを、
結婚祝いとして彼にあげたときのことを思い出した。

■Speaking on The Graham Norton Show,
the 50-year-old actor claimed the presumptive
Republican presidential nominee approached
him at a restaurant several years ago.

彼がグラハム・ノートン・ショーで話したところによると、
その50歳の俳優は、共和党での指名を確実にしている候補
(トランプ氏)が数年前にレストランで彼に近寄ってきたと
発言した。

では、今日も良い1日をお過ごしくださいませ!!

from TORAEL竹末研一 @ スタバ東京麹町


TOP HOME